spmenu

【美容】介護脱毛の必要性とメリットについて

皆さんは介護脱毛という言葉をご存知ですか?
介護脱毛は、自分が介護される側になる前に、アンダーヘアの永久脱毛を行う事です。
これまで、アンダーヘアの脱毛といえば、若い世代が行うものというイメージが定着していましたが、昨今の高齢化社会に伴い40代~50代の中高年の方にも介護される側になる時を見据えて、永久脱毛を希望する方が増えてきているそうです。
今回MAJは、そんな介護脱毛に関してご紹介していきたいと思います。

1.介護脱毛とは

冒頭でも少し触れていますが、介護脱毛とは介護される側になる前にアンダーヘアの永久脱毛を行う事です。
40代から50代になると、親の介護や親戚の介護というのが珍しくない状況になります。
また、知り合いとの日常会話にも、介護というワードが当たり前のように出てくるようになってくるようです。
その際に、排泄介助の現状を目の当たりにする事もあります。
排泄介助とは、自力で排泄が困難な方に対して、トイレに誘導をしたり、おむつの交換を行ったりすることです。

排泄介助の際、介助を行っている人間は、単純に排泄という行動への介助だけではなくデリケートゾーンを目視して拭き残しや汚れが無いかを確認する必要があります。
おむつは蒸れやすいので、例えば拭き残しや汚れがあった場合、おむつの中で菌が繁殖して炎症やかゆみなどを引き起こしてしまう可能性があります。
その為、目視は必ず行わなければならないのです。

このような現状を知る事で、介護する側の手を煩わせたくないという思いから、40代以降の方がアンダーヘアの脱毛を意識し始めているようです。

日本では、まだ馴染みのない文化ですが、欧米やオーストラリアでは夫婦間での当たり前
のエチケットとされているようです。
日本では、脱毛は見えないオシャレや価値観の為に行っているイメージですが、海外ではパートナーの為に行っている事が多いようです。
それはもちろん、将来の介護の事も見越しての事だそうです。
また、デリケートゾーンの脱毛は女性だけではなく男性も行う事が多いそうです。
その為、海外の人にとってデリケートゾーンのムダ毛はないものとしてとらえている為、日本人女性と深い関係になった際、デリケートゾーンのムダ毛を見てショックを受けるケースがあるそうです。

2.脱毛は早ければ早い方が良い

もし介護脱毛をお考えであれば、早い時期に行う方が効果的と言われています。
理由としては、誰でもそうですが年齢を重ねるとともに、アンダーヘアにも白髪が出てきます。
脱毛方法にもよりますが、光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛を行う場合、白髪になってしまうと効果が出にくくなる可能性が出てきます。
光脱毛やレーザー脱毛は、毛根部分のメラニン色素という黒色に反応して、エネルギーを照射しています。
ですので、白髪になってしまうと光やレーザーが反応せず、脱毛が困難になってしまいます。
そうなってしまうと、脱毛の中でも比較的痛みが強いと言われている、ニードル脱毛などを行わなければなりません。
負担が少なく施術を受けるためにも、脱毛は早めに行った方がよいでしょう。

また女性に限っての話になりますが、VIO脱毛を行う事によって自己処理が楽になりますし、カミソリ負けして黒ずんでしまったり、炎症をおこしてしまう事もありません。
生理時の不快感も軽減されるのでメリットが多いと言われています。
下着や水着を選ぶ際にも、選択肢が増えるのも嬉しいポイントだそうです。

その他、男女共に陰部回りの皮膚疾患や、病気も早期に発見できるそうです。
ムダ毛が無い、または少ない事によって視覚的にもスムーズに検査が行えるというメリットもあるそうです。
こういったメリットから、脱毛するのであれば早めに行い、ムダ毛がある事によっての煩わしさから早めに開放された方が良いそうです。

介護における脱毛のメリット

赤ちゃんを育てた事がある方なら分かるかと思いますが、ムダ毛の無い赤ちゃんでも、おむつは蒸れて湿度の高い状態になってしまいますよね。
これで、ムダ毛が生えていれば、なおさらおむつの中は蒸れてしまい、不快感を感じる事となります。
また、蒸れやすくなるという事はかぶれてしまったり、炎症を起こしやすくなってしまう事も想像出来ます。
寝たきりの状況だけでもストレスを感じるかもしれないのに、更におむつでかぶれてかゆみを起こしてしまったり、湿気によるストレスがプラスされるのは避けたいところですよね。

また、デリケートゾーンにムダ毛があった場合、おむつ交換の際ムダ毛に付着した排泄物を取り除かなければなりません。
もちろん介護士さんや医療従事者の方はプロなので「嫌だ」などとは思っていませんが、長い時間お世話されるとなると、介護される側に恥ずかしさやストレスを感じる事が多いそうです。
仮に脱毛を行っていれば、付着も少なくて済みますし時間もかからないのでストレスが軽減されると言われています。
また、デリケートゾーンの脱毛を行う事によって、群れによっておこる感染症を始めとした病気にかかるリスクを少なくします。
高齢者の場合、免疫力や抵抗力が低下して体力が落ちてしまっている方もいるので、感染経路となる部位はなるべく清潔に保つ事が大切ですので、アンダーヘアの脱毛はメリットと言えます。

上記でも少し触れていますが、介護される方の意見として多いのが、「排泄介助をさせてしまって申し訳ない」という思いからの精神的ストレスだそうです。
介護士や、医療従事者からしてみれば「いつもの事」、「別に仕事だし気にしていない」、「慣れている」くらいにしか思ってないそうですが、介護される側にとっては毎回謝る方がいるくらい気にしている人もいるそうです。

その為、介護脱毛を行い、少しでも介護する側が楽になればと考えている方もいるそうです。脱毛を行う事で、介護される側も介護する側もストレスなく生活を送れるというメリットがあるようですね。

アンダーヘア(VIO)脱毛はサロンとクリニック(病院)どちらが良い?

脱毛は大きく分けて、サロンで脱毛する方法と、クリニック(病院)で脱毛する方法に分けられます。
この二つにどんな違いがあるのかご紹介していきたいと思います。

まずサロンでの脱毛は、主に光(フラッシュ)脱毛が主流となっています。
レーザー脱毛よりも出力が低く、痛みも少なく、比較的に料金が安く設定されています。
光(フラッシュ)脱毛は、基本的にレーザー脱毛と同じ原理で脱毛を行いますが、光エネルギーの種類が違います。
IPLという光エネルギーを使っており、レーザーに比べて威力そのものは弱く、広範囲の波長なのが特徴です。
威力が弱いので痛みは少ないですが、毛根にダメージを与えて毛が生えてこないようになるまでに、レーザーよりも時間が掛かります。
痛みが少なくて料金が安い方が良い方であれば、サロンでの脱毛が良いといわれています。

そして、クリニックの脱毛は主にレーザー脱毛が主流となっています。
ちなみに、レーザー脱毛は医療行為なのでクリニックでしか受けられません。
一般的には、レーザー脱毛の方が効果が高く、光(フラッシュ)脱毛に比べて通う回数が少なくてすむといわれています。
通う回数が少ないという事は、一回での脱毛の効果が高いという事ですよね。
医療機関ですので、安心して施術を受けられることができますし、粘膜ギリギリまで脱毛してもらえるというのもメリットの一つだそうです。
しかし、威力が高い分レーザー脱毛より比較的痛みが強いと言われています。
また価格設定も高めに設定されています。
クリニックによっては痛みに弱い方の為に麻酔も用意されているという事なので、痛みに対してのケアもされているようです。
また、価格に関しては賛否両論の意見があります。
「サロンで脱毛する方が価格は安いかもしれないけど、長く通うのであれば、結局料金が高くなるからクリニックで脱毛しても同じじゃない?」という意見もあります。

実際の所は人にもよるので、サロンとクリニック両方の問診を受けてみるとよいかもしれませんね。
毛深い人であれば、クリニックの方が安上がりで効果的かもしれませんし、毛が薄い方であれば痛みも少ないしサロンのほうが効果的かもしれません。

また、クリニックではレーザー脱毛の他に、ニードル脱毛という施術があります。
毛穴に細い針を刺し、電気で毛母細胞という毛を作る組織にダメージを与え脱毛するという方法です。
ご察しの通り、結構な痛みを伴う施術ですので、ほとんどのクリニックが麻酔を使って行う施術だそうです。
痛みは強いですが、確実に脱毛する事が出来ますので、効果としては一番高い脱毛となります。
最近では、あまり主流では無くなっていますが、白髪になってしまってレーザーでは脱毛出来な部分や、皮膚が黒ずんでしまいレーザー脱毛が出来ない場合は、部分的にニードル脱毛をお勧めしてくる場合もあるそうです。

結論として、
・痛みが少なくて料金が安い方が良い方はサロンでの脱毛
・料金が高くても短期間で効果がる方が良い方はクリニックでの脱毛

という事になるようです。
まずは、どちらか自分で合ってると思った方に連絡をして、カウンセリングを受けてみると良いかもしれませんね。

まとめ

男性でも女性でも、本心では他人に排泄介助を行ってもらいたいと思っている方はいないと思います。
身体が思うように動かなくなってしまい、仕方なく排泄介助をお願いしているというのが本心ではないでしょうか。

介護脱毛は、アンダーヘアを脱毛する事によって、将来介護されるという事を見据えた時、少しでもストレスを軽減するための準備といっても過言ではないですよね。
また、介護以外でもアンダーヘアの脱毛は、衛生面や生活面でメリットがあります。
もし脱毛を考えている方がいらっしゃれば、将来的にも早めに脱毛を受けた方が良いかもしれませんね。

ライター紹介

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。