spmenu

100年人生の時代、もうキャリアに成功は必要なくなったのか

このところ、「100年人生」という言葉をあちこちで聞く。世界に先駆けて超高齢化が進む日本では、とてもリアリティがあるテーマだ。100年人生の時代には、終身雇用で勤め上げた会社を60歳で定年し、隠居生活に入る、そんなキャリア観はきっと過去のものになる。
そこで今回MAJでは、「キャリア観」のこれまでの変遷と、これからどのように変わっていくのか、ご紹介していきたいと思います。

1.キャリアの成功は出世

1970年代の高度経済成長期、いわゆる日本的雇用が確立された。高度経済成長期には、事業がどんどん拡大し、それが長きにわたって続くと思われたため、企業は長期的に人材を確保する必要性にかられ、終身雇用や年功的賃金制度を導入したといわれています。
終身雇用で1つの会社に勤め上げるのであれば、職業キャリアの成功は、その会社における成功、つまり、出世になる。課長、部長、役員、社長と職位を上っていくことが、職業キャリアの成功を意味していたようです。
なお、この時期の日本的雇用は、男性・正社員が稼ぎ頭で、女性は専業主婦という性別役割分業の上に成り立っていたそうです。そのため、職業キャリアは実質的に男性だけのものだったといわれています。

また、1990年代に入りバブルがはじけると、企業を取り巻く競争環境は厳しくなり、事業のリストラクチャリングや、正社員以外の雇用形態が広がっていく。大企業の倒産も相次ぎ、60歳まで会社が雇用を保障してくれるという期待は持ちにくくなってきたそうです。

企業が事業の選択と集中に舵を切り、社員に高い専門性を求めるようになる一方で、人数の多い団塊世代の加齢により、管理職ポストが不足していった。そこで企業は、マネジメントとスペシャリストの「複線型人事」を導入するようになったそうです。
この頃から、目指すべきキャリアの1つとして「プロフェッショナル」が台頭していきます。高い専門性と職業倫理観を兼ね備えたプロフェッショナルは、1つの会社にとらわれず、会社の枠組みを超えるという点でキャリア観とは異なりますが、職業キャリアの高みを目指すという、登り型のキャリア志向という点では、上述しているキャリア観と同じであるといえます。

2.職業人と家庭人という2面性

2000年代以降、共働きが一般的になるにつれ、男女ともに、仕事と子育ての両立の問題に直面するようになります。仕事の成果よりも、仕事に対する姿勢を評価する日本的雇用では、長時間労働が慢性化するうえ、意図しない転勤も命じられます。男性は子育てへの参加が難しく、女性は配偶者の仕事に合わせてキャリアを諦めざるを得なくなってしまっていたそうです。
2000年前後に拡充された育児・介護休暇制度やブランクからの復職支援は、もっぱら女性のためのものだったそうです。
だが、当時の人たちが望むのは、性別に関係なく、家族を大切にしながら、働きがいのある仕事をすることです。2010年代に入り、少しずつではあるが、男性の育児・介護への参加や、女性の管理職登用が進むなど、性別によらない働き方が浸透し始めている。
男性であれば職業人から家庭人へ、女性であれば家庭人から職業人へと、職業キャリアと家庭生活が一体化したライフキャリアの価値観です。役割が横に広がっているという点ではあまり変わりはないと言われています。
赤ん坊のライフ・ロールは「子ども」だけだが、学校に入ると「子ども」と「学生」になり、友達同士で遊び出すと「余暇人」が加わる。アルバイトを始めるとさらに「職業人」が追加され、成人し選挙権を持つと「市民」にもなります。一方、定年し仕事を辞めると「職業人」ではなくなり、親が他界すれば「子ども」のロールも失う。このようにライフ・ロールの組み合わせは、その時々で変わっていきます。

3.100年時代で必要な新しい価値観

昨年末に発売され今年ベストセラーとなった、リンダ・グラットンの『LIFESHIFT』。今の時代を生きる我々が迎える環境変化や、これから求められる働き方がまとめられた本だ。その中で提唱された「人生100年時代」という言葉はビジネスや政治など様々な場面で使われ、流行語大賞にノミネートもされました。
上述しているような、キャリアなどの価値観は見つめ直され、新たな働き方や価値観が出てきているそうです。

「終身雇用」が当たり前だった時代と違い、名の通った大手有名企業に勤めていても将来は決して安泰というわけではなくなっています。大企業に勤める社員の中には「1社にずっといられるとは限らない」「今の会社を離れることになった時のために心の準備として」などの理由で、スポットコンサルティングや業務委託のサービスに登録し副業として活動をする人も増えています。
「1社にずっといられるとは限らない」という言葉に象徴されるように、労働者本人の意思で会社を変わる(転職する)のではなく、会社自体がなくなってしまう可能性についても頭に入れる必要があるでしょう。東京商工リサーチの2016年調査では、倒産企業の平均寿命は24.1年となっており、一般的に企業の寿命よりも個人の寿命のほうが圧倒的に長いことになります。約50年働くことを考えるのであれば「1社で定年まで働く」という選択肢だけを考えるのではなく、時代に合った柔軟な働き方を模索していく必要があるといえます。

とはいえ、皆が皆「副業」や「起業」といった形をとる必要はありません。「パラレルキャリア」という言葉が聞かれるようになったことからもわかるように、必ずしもお金を稼ぐということだけで考えることはなく、ボランティアからスタートするということでもよいのです。
たとえば、「プロボノ」という言葉をご存知でしょうか。プロボノとは「社会人が仕事を通じて得たスキルや経験を活用して社会貢献する」という新しいボランティア手法です。近年企業の中には、NPO団体などに自社の人材を提供するなどの形で社員のプロボノ活動を後押しする動きがでてきています。プロボノ発祥地であるアメリカでは、経理やシステム開発技術者、各種士業・コンサルタントなどがあらかじめ設定した時間の範囲内でNPOのサポート活動を行っており、日本においても本業での経験を活かし活動できるというハードルの低さ・継続しやすさから注目され始めています。すぐには金銭的な利益につながらなくとも、こうした活動で得られる人的リソースを多く持つことは、これからの人生100年時代に不可欠になると言われています。

4.まとめ

長寿時代という言葉が、独り歩きしている感じもありますが、テクノロジーの進化によりAIの開発がすすめられ、作業の自動化なども進んでいっています。
そのせいで、長寿時代の到来に対し、ネガティブな発想をしてしまいがちですが、自分自身の行動で、道を切り開いていく事が必用ですよね。

ライター紹介

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。