spmenu

【ライフ】仮想通貨投資とは?投資の始め方

仮想通貨投資を始める人の中には、投資自体が初めての方も多いはずです。
そもそも仮想通貨投資ってなに?という方もいらっしゃるかと思います。
そんな方へ今回MAJは仮想通貨投資についてご紹介していきたいと思います。

1.仮想通貨とは?

仮想通貨投資とは、言葉の通り仮想通貨を使って投資を行っていくものですが、そもそも仮想通貨とはどういうものなのか?という部分をまずはご紹介していきたいと思います。

仮想通貨はインターネットを通して、不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用できる実物しない通貨の事をいいます。
中央銀行などの公的機関が管理しているものではなく、専門の取引所で現実の通貨と交換する事が出来ます。
中央銀行など公的機関が関係してないので、「不正があるのでは?」など不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、仮想通貨にはブロックチェーンという技術があります。
ブロックチェーンはいわゆる通帳のような機能を持っており、このブロックチェーン内に不正な金額や、経路が不明な金額などがあれば不正とみなし、処罰対象になってしまうというものです。
ブロックチェーンがあるおかげで、安心して仮想通貨が使用できるという訳です。
ちなみに、取引所は現在600種類以上あり、みなさん好きな取引所で仮想通貨を交換しているようです。

仮想通貨の説明の中で、必ずある疑問として「電子マネーとは違うの?」というものがあります。
例えば、電子マネーで有名な物だと、「nanaco」などがあります。
nanacoは、現実のお金をカードなどにチャージして使用しますので、お財布のような機能です。また、nanacoが使える専門のお店でなければ使用ができません。
仮想通貨に関しては、使用できる店舗などの縛りがあまりないのが特徴です。
仮想通貨が使える場所であれば、海外でも使用できます。
また、現実の通貨と同じで、仮想通貨自体の価値が変動するのも電子マネーとの違いだといえますよね。
この仮想通貨を使って投資を行っていくのが、「仮想通貨投資」といいます。

2.仮想通貨投資の人気の理由とは?

仮想通貨投資は、上記で説明したように円やドル、ユーロなどを仮想通貨と交換し、資金を集めている会社に仮想通貨で投資していくことをいいます。
ちなみに、仮想通貨の世界だけじゃなく、投資投機という言葉があります。
投資は会社の資産に対して出資する事です。
一方で投機は短期的な価格変動の目論見から、利ざやを得ようとする行為の事をいいます。
投資と投機は同義語のように使われている場合もありますが、詳しく違いを説明すると上記のような使い分けになります。
もう少し分かりやすく例えますと、
投資は、利益を得る目的で事業などに資金を出す事。
投機は、市場の短期間の変動の差益だけをねらって行う売買取引の事をいいます。
デイトレードなんかが投機になりますよね。

話を戻しますが、一般的な投資と仮想通貨投資では一体どのような違いがあるのでしょうか。

仮想通貨投資の一番大きな特徴は、現時点では利回りが高いという部分にあるようです。
現在の日本では、銀行に貯蓄していても、ほぼ0%に近い状況ですので配当など内に等しいですよね。
しかし、仮想通貨であれば日利1%のものが多く存在しているそうです。
ただ、ハイリターンという事は、ハイリスクでもあるというように想像出来ますが、運用益をしっかり稼ぎたい人にとっては、非常に魅力的なプログラムだそうです。
また、少額からでもスタートできるという部分も大きな魅力の一つだそうです。
最小で数千円単位からはじめることができますので、まとまったお金がなくても仮想通貨投資を始める事ができます。
ハイリスクではあるそうですが、分散投資を行う事で、リスクを低減するのが一般的といわれているようです。

分散投資でバランス良く運用出来たりと、柔軟性があるのも魅力ですよね。

なぜ高い利回りが可能なのか?

仮想通貨投資について知っていくと、「そんな美味しい話あるの?」と感じてしまうかもしれません。
すでに高利回りであるという時点で「怪しい」と感じてしまう方もいらっしゃいますよね。
高利回りにはちゃんと理由があります。

まずは、仮想通貨のようにテクノロジーの進化によって、インターネット上でお金のやり取りが出来るようになったのが大きい理由です。
従来のやり取りだと、国が発行している通貨で行っていました。
なので、海外への送金などは、お金もかかりますし、時間もかかるという難点がありました。
一方で仮想通貨に関しては、ダイレクトで送金などが行えるので、高い手数料や時間を必要としません。
上述していますが、ブロックチェーンや「ピアツーピア」という、デバイスどうしでデータをやり取りできる機能などがこういった取引を可能にしています。

また最近、流出があった事でニュースになっているビットコインは、送金などのコストが極めて安く、抑えられた分を投資家へ還元できるという魅力がありました。

送金のコストは、馬鹿にできないくらいかかるものだそうです。
例えば、国内で別の口座に1万円送金したとします。
銀行にもよりますが、一回の送金あたり手数料が400円かかるものもありますよね。
その場合、手数料で4%の損失が出ている事になります。
海外になればさらに手数料は高いので、繰り返しているうちにコストが嵩んでしまいます。

そんな中登場したのが、仮想通貨です。
仮想通貨が出来たことにより、劇的にコスト費用が抑えられることになりました。
このようなコストを減らした事によって、利回りが高いという事になります。

仮想通貨と現実の通貨の違いについて

仮想通貨は紙幣や硬貨と違い、デジタルで管理されたお金の事です。
多くの人は、普段から紙幣や硬貨を使っているので、あまりピンとこないかと思います。
紙幣や硬貨がないのに、どう支払いをするのか?疑問に思いますよね。

そもそも、紙幣や硬貨を使う意味とは何かを考えたとします。
例えば、お店で1000円の買い物をしたとします。
1000円を支払う事で、お店はプラス1000円を所持する事になります。
この時、それを紙幣によって取引を完成させるのか、記録によって取引を完成させるのかという違いがあります。
お店側は、1000円を紙幣で支払ってもらう事に価値があると考えるか、記録として1000円の価値を支払ってもらったとしても、1000円分の価値が増えた事に違いはありません。

こういった考えの元祖がクレジットカードです。
クレジットカードの場合、購入した記録として残り、後日口座からお金が引き落とされるという仕組みですよね。
要するに、紙幣や硬貨を使わずに買い物など取引を完成させているという意味では、クレジットカードは仮想通貨の考え方に近いですね。

このように、現実のお金を仮想通貨に換金して、インターネット上でサービスを受けたり、物を購入する際に、価値として仮想通貨を支払うという事ですね。

3.仮想通貨投資の始め方

ここまでで、仮想通貨の事がざっくりと分かってきたと思います。
では仮想通貨を使って投資していくのにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは、仮想通貨の取引所にて仮想通貨を購入する事から始めます。
購入する事が出来る取引所として代表的なものは以下になります。

➀イーサリアム(Ethereum)

ビットコインにはブロックチェーンという情報が付けられているのですが、「イーサリアム」には加えて「スマートコントラクト」という機能も付けられています。これは、ただ受け渡しをするだけでなく、何かの約束事をイーサリアムに付加することができるということ、例えば「仕事を終えた時点で使えるようになるになる」といった具合です。

➁ライトコイン(Litecoin)

ビットコインから派生してできた「ライトコイン」は、ビットコインの欠点を補うようにして設計されています。一番の特徴は名前の通り「軽い」こと、流通量も多いので低額からでも始められますし、決済にかかる時間も短く、マイニングに必要とされるPCの能力もビットコインほどには必要としないという利点があるのです。

➂リップル(XRP)

海外送金というケースに特化した仮想通貨が「XRP」。従来は海外に送金する場合に銀行を仲介する必要があったので、多額の手数料と長い時間がかかりました。しかしリップルを使って送金をおこなえば、日本円→XRPという取引とXRP→米ドルという取引を瞬時におこなうことができるのです。この際に発生する手数料は、非常にわずかなものとなっています。

➃DASH

ビットコインなどの仮想通貨はブロックチェーンにすべての取引を記録しています。ですから、誰から誰へ手渡されたかなどはウォレットをたどっていけばすぐにわかるようになっています。この取引を暗号化し、追跡を不可能にした仮想通貨が「DASH」、匿名性の高さが最大の特徴です。

➄ビットコイン(Bitcoin)

最近、大きな不祥事を起こしてしまいましたが、知名度は抜群でした。
もともと、いうまでもなく元祖・仮想通貨といった存在が「ビットコイン」、先駆けだけに知名度や時価総額はダントツです。ですが大きな存在だけに、マウントゴックスの不祥事や分裂騒動など、何かとトラブルが目立っていました。
その矢先に、今回のような不正な流出があったのは異常に残念ですよね。

仮想通貨を手に入れたら、早速投資をスタートさせていきます。
とはいってもまず最初は何から始めたらいいの?という風になりますよね。
まず投資の方法で、代表的な物を2つあげていきたいと思います。

1つは、仮想通貨の売買益で儲けていくという方法です。
仮想通貨はまだ未知数な部分がありますので、値動きが激しく売買の差益が出しやすい時期と言われているようです。
海外での利用が促進するというようなニュースがあれば、大きく値上がりし逆にある国で使用や取引量の規制がかかると大きく値下がりします。
特に、後者に関しては今年に入ってからは中国で規制があり、その際には大きく値下がりしてます。
このように、仮想通貨は「安く買って、高く売る」ということがやりやすい通貨といえるでしょう。
FXなどやり慣れている方にはこちらもおすすめです。

2つ目は、仮想通貨をHYIP(High Yield Investment Program)と呼ばれる投資プログラムで運用するのも一つの手です。
現在、HYIPと呼ばれる投資サービスは、数多く展開されており、日々種類も増え情報がアップデートされている状況です。

最新の情報は、既に皆さんで収集して精査していただき、最適なものを見つけてください。
とはいえ、どのようなものが良いか目安は必要かと思いますので、ポイントをお伝えしましょう。

まず、資金を集める会社に実態があるかどうかを調べましょう。
この手のサービスで比較的多いのが、カリブ海などの租税地などに登記だけをしているペーパーカンパニーが運営しているケースです。
ペーパーカンパニー自体が悪いわけでありませんが、会社が責任を持って資金を運用し、皆さんに運用益を渡してくれるか 、個人的には若干不安なところがあります。

次に大事なポイントは、集めた資金を何に投資しているかです。これもできれば実体のあるものに投資していると、その現実味が増して、投資がしやすくなります。
このように、資金を集める運営会社についてもしっかり調べてからHYIPへの参加を検討しましょう。

仮想通貨投資の注意点

それでは、仮想通貨投資で運用する際の注意点をお伝えします。
まず、やはりリスクが高いということです。

具体的には、HYIPで資金を集めている運営主体の倒産や消失(webでは「飛ぶ」と言われています)、またその運営主体が投資している企業の倒産やプロジェクトが頓挫してしまうことによる、配当の未払いや元本の消失などが挙げられます。

実際、HYIPの急なサービス停止はこの一年でも多く見られており、また当初人気を博していたサービスが、トラブルにより資金の取り付け騒ぎ状態になったりするケースも見られます。
いずれにしても、すんなりと投資がうまくいくと思わないほうが健全でしょう。

だからこそうまくいったときは大きなリターンを得られると考えるのが良いかと思います。

ビットコインの取引所にも注意したいところです。
大手の取引所であれば問題はないと思いますが、今後日本国内でも仮想通貨を扱う取引所・販売所への規制が強まり、そこに適応できない取引・販売所はサービスを停止することも考えられます。

このようなことを踏まえて、仮想通貨への投資を行いましょう。

また、ビットコインには発行の上限があります。
まだ先にはなりますが、いずれ流通量が増えることはなくなり、市場に出回らなくなる可能性もあります。
ビットコイン自体が手に入らなくなり、投資ができないということも将来的には十分考えられます。

4.まとめ

仮想通貨といえども、お金である事には変わりありません。
実際に、仮想通貨を購入する際には現実のお金を必要とします。
最初から大金をつかうのではなく、余剰のお金や金額を決めて投資を行っていった方がよさそうです。
投資は投資ですので、リスクは低く行っていく方が賢明かもしれませんね。

ライター紹介

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。