spmenu

【マネー】仮想通貨とは?始め方やおすすめの銘柄

最近ニュースや、SNSでも話題になっている仮想通貨ですが、一体どのようなものなのか気になりますよね。
仮想通貨とはそういった仕組みなのか、また始め方やおすすめの銘柄は何なのか?
今回MAJでご紹介していきたいと思います。

1.仮想通貨とはどういうもの?

仮想通貨とは、インターネットが世の中に普及し始めた事によって出来た、実際に手に取る事は出来ない、手に取る事が出来ない通貨です。
アメリカなどでは、すでに仮想通貨を支払いに利用できるショップが急増しており、不動産や中古車の売買にも使われた事例もあると言われています。

そういった仮想通貨の代表的なものが、皆さんも聞いた事があると思いますが、「ビットコイン(bitcoin)」です。
ビットコインは、日本では主に投資や投機目的で用いられているようです。
リアルタイムで変動する相場で、円やドルなどと交換する事ができる仮想通貨は、通常の為替取引と同様に、日々実際の通貨と取引されています。

そもそも仮想通貨は、不特定多数の人々の中で、インターネットを通して物品やサービスと交換できる通貨として考えられました。また、実際の通貨のように、送金・受取・貯蓄・投資に使う事もできます。
上記で、代表例に挙げたビットコインですが、それ以外に100種類以上の仮想通貨が流通しています。
どうしてここまで数が多いかと言いますと、国や中央銀行の枠に縛られることなく発行する事が出来るからです。
仮想通貨は後ろ盾がないにも関わらず、なぜそこまで流通しているかというと、信頼性を裏付ける技術でブロックチェーンが用いられているからだと言われています。

ブロックチェーンは通帳みたいなもので、仮想通貨が発行されて以来、どのような経路で今の持ち主の元に仮想通貨があるのかを表したものです。
ですので、経路が不明な仮想通貨が発見され次第、不正取引があったと見なされ使用できなくなってしまいます。
このブロックチェーンがあってこそ、仮想通貨が信用のおけるものとなったわけです。

また、仮想通貨と電子マネーの違いについてですが、決定的にちがうのは「実際のお金をチャージしている」という部分にあります。いわゆる、お財布がわりのような機能という事になります。
また、各種電子マネーは使用できる箇所が決まっており、使用できる場所に縛りがあります。
しかし、仮想通貨に関しては特にそういった縛りが無いので、使いやすいという利点があります。
強いて言うなら、仮想通貨が利用可能かどうかという部分になります。

2.仮想通貨のメリット、デメリット

仮想通貨のメリットとは?

➀送金の手間がない
例えば、実際の通貨を誰かに送金する場合、金融機関などを挟む事になります。
ですが、仮想通貨はデータのやり取りのみになりますので、相手に直接送金する事が出来ますし、スピーディーな対応が出来ます。

➁手数料が無料、もしくは格安
間に金融機関を挟んでいないので、手数料を支払う必要がありません。
通常、FXなどで外貨の売買する際には手数料が発生します。しかし、仮想通貨なら手数料は格安なものが多いそうです。
盛んに売買されている理由の一つだそうです。

➂投資・投機の醍醐味を味わうことができる
仮想通貨の世界では、大量に中国元が流入しているという話や、日本でも富裕層は必ずやっているなどの噂が流れています。
仮想通貨は歴史が浅い分、安定しているとはいえません。
一攫千金を夢見てしまうような取引も楽しむ事ができます。

仮想通貨のデメリットとは?

➀現実で利用できる場所が少ない
ビックカメラの限られた店舗において、ビットコインが利用できるようになったのは2017年の4月、このことは大きなニュースになりました。つまり、最も有名な仮想通貨を用いて、実際の店舗で買物ができるというだけでニュースになるくらい、仮想通貨が使える店舗は非常に限られているということです。海外はともかく、これが日本の現状です。

➁誰もが気軽に使えるという訳ではない
仮想通貨はデジタルベースで流通するもの、手にとったり現物を目にすることができない通貨です。それだけに現金に慣れ親しみ、デジタルツールがあまり得意ではない人にとっては、使いこなすためのハードルは高いものがあります。

➂なんとなく怪しい?!
実際に決済に使えるケースが少ない、現物を目にすることはできない、日本では専ら投資・投機目的に所有されている。こんな仮想通貨は、理解していな人にとって怪しさ満点のものでしょう。加えて2014年に起こった、マウントゴックスによる多額のビットコインの喪失事件も怪しいイメージを強めてしまいました。しかし、喪失する危険性があるのは仮想通貨だけではありません。現金などの財産でも盗難や喪失する危険性はあるもの。そんな点では仮想通貨も実際の通貨も変わらないのですが、やはり歴史の浅いものなので、不安に思ってしまう事もあるようです。



3.仮想通貨の始め方、売買までの流れ

仮想通貨を手に入れるには、商品やサービスの代価として受け取るといった方法もありますが、「取引所」を介して購入するというのが最も手早い方法です。取引所とは現実の通貨と仮想通貨を交換する場所、為替市場や株式市場の仮想通貨版と考えればいいでしょう。仮想通貨の取引所は自由に開設することができますから、現在数多く存在しています。ならば、どこを選ぶかということなのですがセキュリティや資金力、取引の規模を考えて選ぶべきでしょう。

主な仮想通貨の取引所を知る

ビットフライヤー(bitFlyer)

現在、世界最大とされる仮想通貨の取引所は、中国に本拠地を置く「OKCoin」なのですが、そこと提携関係にあるのが「ビットバンク」。世界で最も活発な取引所を利用したいならばビットバンクを利用するということになるでしょう。運営する販売所の「ビットバンクウォレット」はクレジットカードでビットコインなどの仮想通貨を購入できるので、利便性という点でも見逃せない存在といわれています。

ビットバンク(bitbank)
現在、世界最大とされる仮想通貨の取引所は、中国に本拠地を置く「OKCoin」なのですが、そこと提携関係にあるのが「ビットバンク」。世界で最も活発な取引所を利用したいならばビットバンクを利用するということになるでしょう。運営する販売所の「ビットバンクウォレット」はクレジットカードでビットコインなどの仮想通貨を購入できるので、利便性という点でも見逃せない存在といわれています。

コインチェック(coincheck)
株式や為替の取引をよりエキサイティングなものとするのが信用取引の仕組み、これをいち早く仮想通貨にも取り入れたのが「コインチェック」、最大何倍のレバレッジを効かせることができます。販売所ではビットコイン以外の様々な仮想通貨もクレジットカードで購入することができます。

適当な取引所を選んだら、メールアドレスとパスワードを登録して、まずは口座を開設しましょう。次に現金を口座に入金することで仮想通貨購入の準備は終了です。後は購入したい・売りたい仮想通貨と量を指定するだけ。あまりにも簡単に売買できてしまうことに驚くことでしょう。多くの取引所ではチュートリアルを用意していますので、まずはそちらで肩慣らしをおこなった方がよいですね。

4.おすすめの仮想通貨

その数600とも1,000ともいわれる仮想通貨、様々な特徴を持ったものが日々誕生しています。それらの中で取引額が多く、日本でも購入しやすいものをご紹介していきたいと思います。

➀イーサリアム(Ethereum)

ビットコインにはブロックチェーンという情報が付けられているのですが、「イーサリアム」には加えて「スマートコントラクト」という機能も付けられています。これは、ただ受け渡しをするだけでなく、何かの約束事をイーサリアムに付加することができるということ、例えば「仕事を終えた時点で使えるようになるになる」といった具合です。

➁ライトコイン(Litecoin)

ビットコインから派生してできた「ライトコイン」は、ビットコインの欠点を補うようにして設計されています。一番の特徴は名前の通り「軽い」こと、流通量も多いので低額からでも始められますし、決済にかかる時間も短く、マイニングに必要とされるPCの能力もビットコインほどには必要としないという利点があるのです。

➂リップル(XRP)

海外送金というケースに特化した仮想通貨が「XRP」。従来は海外に送金する場合に銀行を仲介する必要があったので、多額の手数料と長い時間がかかりました。しかしリップルを使って送金をおこなえば、日本円→XRPという取引とXRP→米ドルという取引を瞬時におこなうことができるのです。この際に発生する手数料は、非常にわずかなものとなっています。

➃DASH

ビットコインなどの仮想通貨はブロックチェーンにすべての取引を記録しています。ですから、誰から誰へ手渡されたかなどはウォレットをたどっていけばすぐにわかるようになっています。この取引を暗号化し、追跡を不可能にした仮想通貨が「DASH」、匿名性の高さが最大の特徴です。

➄ビットコイン(Bitcoin)

最近、大きな不祥事を起こしてしまいましたが、知名度は抜群でした。
もともと、いうまでもなく元祖・仮想通貨といった存在が「ビットコイン」、先駆けだけに知名度や時価総額はダントツです。ですが大きな存在だけに、マウントゴックスの不祥事や分裂騒動など、何かとトラブルが目立っていました。
その矢先に、今回のような不正な流出があったのは異常に残念ですよね。

すでに広まった仮想通貨がある一方で、誕生する新しい仮想通貨。それらが取引所を通して購入できる前の段階で購入しようというのが「プレセール投資(ICO)」です。いわば仮想通貨の未公開株のようなもので、首尾よく広まれば大きな利益が見込める一方で、中には詐欺まがいのものも多いという側面もあります。IOCの話をつかんだら……熟考の上で、あえて乗ってみるのも一興かもしれませんね。



5.まとめ

何かと話題の仮想通貨ですが、大手の不祥事があったとしても、勢いがなくなる事はなさそうです。
実際600~1000種類ほどの仮想通貨がある中で、何百億と言う金額が動いています。
大手仮想通貨の会社もどう立て直していくかも見ものです。
今後の世の中において、どう仮想通貨が流通しどういった内容で普及していくのかを見定めながら楽しめると良いかもしれませんね。

ライター紹介

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。