spmenu

【ライフ】個人年金保険の仕組みとは?知っておきたいメリットとデメリット

一度は聞いた事のある個人年金保険ですが、実際どういったものか皆さんはご存知でしょうか?
現代の高齢化社会において、年金の問題は不安視されています。
そんな中、個人年金保険に加入する方の割合が増えてきており、興味を持っている方も少なくないと言われています。
今回MAJはそんな個人年金について、ご紹介していきたいと思います。

1.個人年金保険とは?仕組みとは?

冒頭で少し触れましたが、個人年金とは保険会社の商品の一つになります。
その名の通り、個人で年金を積み立て受け取れるもので、契約時の年齢から一定期間、もしくは一生涯にわたって年金が受け取れる保険の事をいいます。
公的年金では老後の生活費が足りないと考えている方や、退職から年金が支給されるまでの生活費にと、考えている方に販売されているようです。

しかし、単純に個人年金といっても種類もありますし、受け取り方も商品によって違うようです。
ですので、まずは個人年金の仕組みなどについてご紹介していきたいと思います。

個人年金には3種類のタイプがある

➀終身年金タイプ
終身年金は、被保険者が死亡するまで一生涯年金が支払われるタイプです。
公的年金と同じく、一生涯受け取れるのは魅力ですが、その分保険料が高めに設定されている事が多いのが一般的です。
万が一、早く亡くなってしまった場合、それまで払い込んだ保険料を下回る事もあるらしいので、契約時に内容を確認するこ事が必要となります。

➁確定年金タイプ
確定年金は、決められた期間、個人年金が受け取れるタイプです。
一般的に5年~10年の間で期間が設定される事が多いようです。
万が一、期間内に被保険者が早く亡くなってしまっても、遺族が年金を受け取る事が出来るのが魅力です。また、原則それまでの保険料が下回る事もないそうです。
特にデメリットらしいものも無いので、個人年金では確定年金タイプが一般的な受け取り方とされているようです。

➂有期年金タイプ
有期年金も確定年金と同じように決められた期間だけ個人年金が受け取れるタイプです。
確定年金と違う点に関しましては、被保険者が無くなった後に個人年金は受け取れなくなるという点です。
期間内に亡くなってしまったり、万が一早く亡くなってしまうと、元本割れも考えられるので、注意が必要です。
しかし、保険料が他と比べて安いというのが特徴です。

この3点を踏まえつつ、個人年金の仕組みをご紹介していきたいと思います。
保険の内容にもよりますが一般的に、支払期間は死亡保証付きになっているものが多いようです。
保険料の払い込みの期間に亡くなった場合、それまでに払い込んだ分と同額の死亡保障が付くことになるそうです。しかし、この金額は通常の死亡保険の金額に比べると額が低い事がほとんどらしいので、安心はできないようです。

一定期間、保険料を振り込むことによって個人年金の受給が開始されます。
通常、公的年金と同じで60歳~65歳に受給を開始される方がほとんどと言われています。

受け取り開始後は、それまで支払っていた保険料を、分割で受け取っていくようなかたちとなります。

保険料の支払い方について

個人年金の支払い方には、商品によっても違いがありますが、いくつかの一般的と言われている種類があるようです。

➀定額型
月払い・半年払い・年払いのいずれかの方法で定額の保険料を支払っていく方法です。
あくまで一般論ですが基本的には、月払い<半年払い<年払いの順番で保険料が安くなったり、待遇がよくなったりするようです。 注意点として、支払い途中で解約などしてしまった場合は、元本割れを起こしてしまう商品もあるそうなので、こちらにかんしても契約内容をしっかり確認した方が良さそうですね。 個人年金の支払いは、長い期間を支払わなければいけません。 将来や人生において、予期せぬ事態に巻き込まれるかもしれませんので、お申込みの際には確実に支払える額のものを選んだ方が良さそうですね。 また、余談ですが生命保険センターの調べによりますと、個人年金保険加入者の平均支払額は、月額で15,750円とされているそうです。 加入の際の一つの目安額にすると良いかもしれませんね。 ➁一時払い型
保険料を一度に全額支払ってしまう方法です。
一般的には定額型よりも保険料が安いなどのメリットがあるそうです。



2.個人年金保険のメリットとデメリット

このような仕組みの個人年金ですが、どのような状況で役に立つのでしょうか。
また、どういった時に注意が必要なのか、個人年金保険のメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。

個人年金保険のメリットとは

まず、個人年金は銀行の利率よりも良いという点です。
すでに世の中の常識にもなってきていますが、現時点で銀行の普通預金にお金を預けていても、全くと言っていいほど利息はつきません。
十数年前までは、それでも郵貯などであれば利息がつくなどと言われていましたが、現在ではそれも期待出来ないような状況と言われているようです。
銀行にお金を預けて眠らせているよりは、個人年金を利用した方が、老後の貯えになると言われています。

特に若い間は、欲しいものや、行きたいところ、趣味なども充実していますので、老後に関しての備えや考えをおろそかにしてしまいがちです。
老後の為に貯金をしようと考えても、ついつい使ってしまったりと精神的にも難しい部分があるかと思います。
これは何も、「だらしないから」という訳ではなく、大体の人がそういうものです。
ですが、個人年金保険であれば、自動的に毎月老後の貯金が出来る事になりますし、変な話ですが第三者の目があれば支払う事を怠らなくなるものですよね。
結果的に、老後への備えがしっかりと出来る事になります。

また、個人年金保険控除が受けられるのもメリットの一つです。
個人年金保険で支払う保険料は、個人年金保険料の控除の対象になるそうです。
会社員の方であれば、年末調整で控除を受ける事で、所得税が一定額抑える事が出来るそうです。
一年の控除額だけみれば、大きな額では無いかもしれませんが、十数年・数十年と経てばバカにできないような金額になります。

控除の条件として、「保険料払い込み期間が10年以上であること」など、いくつかの条件があるそうですが、うまく利用すればかなりお得な話になります。

個人年金のデメリット

個人年金最大のメリットは、保険会社破綻してしまったら保証が一部カットになってしまう事です。
個人年金は長い期間にわたって支払っていくものです。10年以上経過して、保険会社が破綻してしまうというのは無いとは言い切れませんよね。
万が一、保険会社が破綻してしまった場合、保証額・個人年金額が一部カットされてしまう恐れがあります。
「生命保険契約者保護機構」にバックアップがあるので、全く支払われないという事はありませんが、これは大きなデメリットと言えます。
これは銀行に預けておいても同じ事がいえますが、預けている会社が破綻してしまうと、しわ寄せは自分のところに来るというのは覚えておきたいところですね。

また、もう一つのデメリットは途中解約が難しいという点です。
厳密には解約自体は難しくないのですが、その場合、元本割れをおこしてしまいます。
そもそも解約しなければ良いという部分もありますが、何らかの事情で家計が厳しく、途中で支払えなくなった場合もあるかと思います。
その場合、解約払戻金というのもありますが、大抵の場合払い込んだ料金を下回る事がほとんどと言われています。
そうなると、損をするのはこちらになりますので、なるべく解約する事が無いようにするのが賢明だそうです。

3.年代別の個人年金保険の選び方

個人年金の選び方は人それぞれですが、分かりやすく年代別にご紹介していきたいと思います。

20歳代の場合

この年代は最も加入率の低い年代ですが、最も保険料の安い年代でもあります。
保険会社と付き合っていくのも他の年代と比べ、長期にわたる事になります。
経営体制の安全な保険会社を選び(大手など)、定額型でコツコツと積み立てていくのがおすすめとされているようです。

30歳代の場合

30歳代の場合も、20歳同様に保険料が安い時期と言われています。
しかし30歳代は、男女ともにまとまったお金が準備できるようになってくる時期でもあります。
余裕がある方は、外資建てや変額型などの保険商品に加入する事も視野に入れて検討するのが良いと言われているようです。
一般的に、ローリスク・ローリターンを狙ってコツコツと積み立てていく事が良いとされているようです。

40歳代の場合

実際に個人年金の保険に加入される方が一番多い世代と言われています。
正直、20歳代は給与も他の世代に比べて安く、いくら保険料金が安いからとはいえ、よっぽど給料の高い会社に勤めている以外では、生活が厳しくなるのは目に見えていますよね。
30代もまとまったお金が作れるようになるとはいえ、結婚する方もいるでしょうし、何かと物入りな世代です。
となれば、40歳代の個人年金保険の加入率が一番多いと言われています。
しかし、40歳代は個人の経済状況が非常に難しいとされています。
職業や配偶者、子どもの有無など、ライフスタイルも固まりつつある時期だと思いますので、人によって経済状況がまばらです。
ハイリスク・ハイリターンはありえませんが、定額型でコツコツ支払うか、ローリスク・ローリターンを狙うかを、経済状況に合わせて積み立てていく方が良いかもしれませんね。
そもそも、金銭に余裕があったとしても、デメリットでご紹介した保険会社の破綻などを考えれば個人年金保険の加入の必要性について考えてしまう部分もあるかと思います。
銀行に貯金しても同じリスクがあるなら…と考えるのであれば、思い切って一時払いもありかもしれませんね。

50~60歳代の場合

年金受給時期まで時間がありません。
リスクの少ない「定額型」の商品を選ぶのがべターだと言われています。
早期退職を考えていて、更に退職金も出るという状況であれば、保険料を一度に支払ってしまう、「一時払い」で加入するのもおすすめされているようです。
また、60歳代の場合であれば、ほとんどの方が「一時払い」で積み立てるそうです。



まとめ

国税調査では、2025年には高齢者の人口が役3500満員になると予想されています。
高齢化社会は、これからますます進むとも言われています。
また少子化による年金加入者のの減少により、公的年金制度自体が成立しなくなってくるのでは?言われてきています。
もちろん公的年金は義務ですが、自分自身を守る為に個人年金保険などの対策は必要となってきています。
近い将来、当たり前のように個人年金に加入する人が増えてくるかもしれませんね。

ライター紹介

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。