spmenu

【ライフ】年金暮らし いくら貯金があれば安心な生活が出来る?

みなさんは自分にどのくらいの貯金が必要かを把握していますか?
目標や指標が無いとなかなか思ったようにお金は貯まっていきませんよね。
しかし、いくら貯金があれば良いのでしょうか?逆にどのくらい貯金があれば不安が無い生活が送れるものでしょうか。
今回MAJは、みなさんが必ず迎える年金暮しにスポットを当て、60歳までに貯めておくべき貯蓄額はいくら必要なのか? いくらあれば安心な生活が出来るのかをご紹介していきたいと思います。

1.必要な貯金額の計算の仕方は?60歳までに必要な貯金額

まず、具体的に必要な貯金額の計算の仕方をご紹介していく前に、生活する上での必要な「お金の流れ」についてイメージをしていきたいと思います。

●現役~60歳までの流れ

人それぞれですが、現役時代は給与やボーナスなどの「収入」があります。それに対し、家賃・光熱費・食費などの生活費が「支出」となりますよね。
「収入」から「支出」をマイナスして、残った分のお金を「貯金」としてストックしていくのが一般的な貯金かと思います。
また、人や会社にもよりますが、退職時には「退職金」が支給され、「保険の満期金」や「返戻金」などが収入として入ってくる事もあります。

●60歳~65歳までの流れ

現在、現役でお仕事されている方々の大多数は年金受が65歳からとなります。
例えば、60歳で早めに退職してしまった方々は、5年間分収入を失うという事になります。
60歳を過ぎて「継続雇用」などを利用して働いていく場合は、現役時代と同じ収入(給与額)とまではいきませんが、ある程度の収入を得る事ができます。

●65歳~死去までの流れ

65歳以降でようやく「年金」が支給されます。ここで完全に現役を引退し、年金暮しをしていくことになります。
しかし、ここで問題となっているのが、将来的に年金は減額される可能性が濃厚という話がでてきているようです。
多くの方々は、今までの年金受給者のように年金だけで生活費をまかなう事をイメージしているかと思いますが、年金の減額によって年金だけでの生活が出来ないという事がよそくされているようです。
とはいえ、65歳過ぎても現役でお仕事するにしても、就業先を見つけるのも一苦労ですし、体力的な部分でもかなり厳しい事が予測されます。
そうなると、現役時代にストックしておいた「貯蓄」を生活費にあてることになるという事になりますね。

なんとなく、年金問題や現役時代の貯金の重要さがイメージできてきているかと思います。
結局、このまま年金制度に大きな変化が無い場合、基本的には“現役時代に貯めておいたお金を、65歳以降の生活のなかで切り崩しながら生活していくことが予測されます。

ざっくりとした式であらわしていくと、
[60歳までに必要な貯金額]=[60歳以降の支出]-[年金などの収入]
となります。



2.60歳以降の収入はいくら?退職金・保険満期金・継続雇用について

ここで、60歳以降の収入はいくらくらいなのか。どういった支出が発生していくのか?それぞれが平均でいくらぐらいになるかをご紹介していきたいと思います。

➀年金

一般的に基本的には「年金」が収入のほぼすべてとなります。
現在の標準的な年金受給額は、主婦2人で232,600円/月となっています。
これには国民年金(老齢基礎年金)2人分と、夫の厚生年金が含まれている場合の計算となります。

65歳~85歳までの間を寿命として20年間と計算すると、年金の総受給額は5,600万円となります。
ただし、この計算はあくまで今年金を受給している人たちの話となりますが。

色々な意見はありますが、将来的にいまの年金受給額と同額をもらえる可能性はほぼゼロと考えた時に、年金受給額が多めに2割減少すると見込み、80%をかけておきましょう。そうした場合、年金の収入は総額4,500万円と予想しておきます。

➁退職金

平均的な退職金額は大企業で2,000〜2,300万円、中小企業で1,000〜1,200万円だと言われているそうです。
しかし、退職金の制度のある会社は約7〜8割と推移しており、年々減少している傾向にあるそうです。これに加えて、現代の仕事の仕方の傾向として、転職回数が増えていることから、将来的に支給される退職金の平均値はかなり下がることが予想されます。
そういった事を考慮して、仮に1,000万円が支給されると予想しておきます。

➂保険の満期金・返戻金

保険に加入していれば、満期金や解約返戻金が支払われることになります。ここでは仮に500万円が支給されると予想しておきます。

➃投資益・利息

株などの有価証券などを持っていた場合はそこからの収入もあります。また、ある程度の預金があれば利息も収入として入ります。ただ、投資はマイナスになる可能性があるので、ここでは0円で計算しておきましょう。

➄継続雇用

もし、60歳の時点で目標とした貯金が貯まってなかった場合、継続雇用という制度を利用して、60歳以降も引き続き給与をもらうことも検討していく事になります。もし月20万円で5年間働くとした場合、1,200万円の収入を得ることができますね。
上記すべてを合計すると7,200万円の収入となります。
では次に支出面を見ていきましょう。60歳以降の支出はいくらなのか?

➀生活費

定年後の生活費(食費・水道光熱費・日用品など)は、一般的に平均28万円/月ほどといわれています。
また、余裕のある生活を送りたいと考えると、30~35万円/月ほどが必要だと言われているようです。
将来的には物価の上昇や、増税なども予測されます。また消費税なども増税されていく事を考えていくと、やや多めに考えて仮に30万円/月が掛かってくるとすると、60歳~85歳までの25年間では9,000万円が必要となってきます。

➁家賃/住宅ローン

60歳までに住宅ローンを完済できていない場合、もしくは持ち家がなく賃貸住宅に住み続ける場合は家賃なその住居費が別途必要となってきます。
ここでは定年までに住宅ローンを完済しているものと考え、支出は0円と計算しておきます。

➂その他の支出

その他の支出としては、医療費・介護関連費・修繕費or管理費用・子どもたちの結婚や出産への援助・冠婚葬祭の費用などの出費が必要になる可能性があります。金額は状況によってピンキリですので想定は難しいですが、ここでは仮1,000万円がかかるものとして計算しておきます。
上記すべてを合計すると1億円の支出となります。

計算していくと
【60歳~85歳までの収入合計7,200万円】-【1億円の支出】=2,800万円
では必要な貯蓄は2,800万円なのか?

上記で計算した収入から支出を引くと、2,800万円となります。そうすると、必然的に60歳までに必要な貯金額は2,800万円となります。

ただし、もし退職金が期待できない人は+1,000万円必要なので、3,800万円が必要です。さらに満期金・返戻金がないタイプの保険に加入している方は更に+500万円必要なので、4,300万円が必要となります。
下記の表にいくつかのパターンをまとめましたので、これを見ながら自分はどのパターンに近いのか?を確認してみても良いかもしれません。

60歳までに必要な貯蓄額一覧に関して、これらはほんの一例ですので、あくまで目安として考えていただければと思います。
詳しく数値を算出したい人は、上記の算出方法を参考に自分自身の状況や環境にあわせて計算してみるのも良いかもしれませんね。

3.年金暮らしで必要な貯金額は?安全な貯金額と危険な貯金額

このように、お金で後悔しない安心できる老後をむかえるためには、やはり最低でも3,000万円前後、場合によっては5,000万円以上のお金が必要となります。

例えば、もしあなたが現在30歳で、さらに貯蓄が0円だった場合、残り30年間で年100万円ずつ貯金していく事になります。月に換算すると8.3万円ずつの貯金が必要となります。しかし、こんなこれほどの大金をどうやって貯めていけばよいのでしょうか?

●毎月コツコツ、確実に貯める!

貯金の鉄則は「毎月確実に、長期間にわたって続けること」です。生活費の残りを貯金にまわすのではなく、あらかじめ設定した月の目標金額を、必ず月のはじめに貯金するようにしましょう。これを確実におこなうために、財形貯蓄・社内預金・積立預金、定期預金などの仕組みをうまく利用するのもテクニックの一つです。

●貯金しやすい時期に頑張って貯める!

長い人生においては、結婚式や出産費用、子供の教育費などなど、さまざまな人生のイベントがありますよね。当然ながらいつも同じようにお金を貯められるわけではなく、貯めやすい時期・貯めにくい時期があります。

たとえば下記は「人生の三大貯蓄時期」などともよばれており、お金を貯めるチャンスとなります。

1.結婚前の独身時代
2.子ども出産前/幼少期
3.子どもが独立した後

この期間にしっかりと貯蓄を増やせるかどうかが、その後の人生に大きく影響することになります。

●意外と影響大!保険の見直し

保険は人生のお金の流れを左右するとても重要なポイントです。
月々の支払いは安いものの、なにもなかった時にムダになってしまう「掛け捨て型保険」や、保険料は高いが将来大きなが期待できる「貯蓄型保険」など。人生設計や家族構成、そしていまの状況にあわせて定期的に見直すことをオススメします。

あたらしく保険に加入する際や、ムダな保険料を削る際、または今の保険にあらたに付け加える際などは、保険の専門家であるFPへ無料相談をお願いする方法がおすすめです。

●60歳でリタイヤ?継続雇用について

先にもお話したように、いま現役で働くひとのほとんどは年金受給が65歳から開始されます。つまり60歳で定年退職してしまった場合、5年間は収入がないということです。60歳までに十分な貯蓄ができていれば良いのですが、貯蓄にまだまだ不安が残るひとは、働けるうちに働いて収入を得るというのが賢い選択かもしれません。

●資産運用も大切!

資産運用・金融投資も、資産形成にとって大切な手段のひとつです。

たとえば、あなたに1,000万円の貯蓄があったとして、なにも考えずに都市銀行に預けてしまうだけではほとんど利息はつきません。しかし、これを年利1%で複利運用できれば、10年後には+105万円の利益を生み出します。年利2%なら+220万円、年利3%なら+344万円です。

早い内からちょっとずつ投資・資産運用を勉強し、限られた資産を有効に活用できるといいですよね。

また、習慣としてお金の貯まる人の多くは、銀行口座をキレイに整理整頓し、その役割・目的別に複数の口座を上手に使いわけているそうです。

では口座を使い分けるとどんなメリットがあるのでしょうか?
一言でいえば、口座を目的別に使い分ければ「お金の流れが見えるようになる」という事です。
今月、生活費はあといくら使えるのか?将来のための貯蓄が今いくら貯まっているのか?突発的にお金が必要になった時、使っていい金額はいくらなのか?
お金の流れを把握することは、家計管理・資産運用にとってとても大切な要素ということですね。

また、なかなかお金が貯まりにくい人の習慣として、ATMで月に何回もお金を下ろす人は計画性のあるお金の使い方ができているとは言えません。
お金の貯まる人は、月に何回下ろすのか?いくら下すのか?がだいたい決まっています。
たとえば、隔週に1度、金曜の朝に2万円を下ろすなど、お金を引き出すリズムが決まっているんです。
これは、自分の支出のペースと、いついくら必要なのかを把握しているためです。
そのため、無駄な出費や浪費がなく計画的なお金の管理ができると共に、無駄なATM手数料も使わずに済みます。



4.まとめ

老後の年金暮しに必要な収入と支出を計算していったことで、危機感を覚える方や、安心した方もいらっしゃるかもしれません。
別記事でも掲載していますが、更に日本は世界から長寿大国と呼ばれている事実もあります。
今回の計算では仮に寿命を85歳と設定していましたが、日本人の寿命は100歳を超えるとも言われています。
そうすると、15年分の貯金が更に必要となります。
誰しもが確定している未来はありませんが、貯金と貯金しやすい生活習慣の他に、収入をアップさせる為の勉強や、仕事の仕方など他にも見直す事は多く出てくるかもしれません。
どんな時代が来たとしても、それに備えられる環境が必要かもしれませんね。

ライター紹介

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。