spmenu

【ビジネス】正しく叱れている?言うことを聞かない部下

会社に数年務めていると、必ず自分が部下に指導する立場になる時が訪れます。そんな時多くの人が言うことを聞かない部下について悩むと思います。
自分が出した指示に従わない部下や、反抗的な態度を取られると「なぜ彼は人の話を聞かないんだろう」と逆に指導する側が心身共にバランスを崩してしまう状況も少なくありません。
そのような悩みを抱えないためにも、部下がなぜ、あなたの言うことを聞いてくれないのか、どう接したら言うことを聞いてくれるのかを3つご紹介していきたいと思います。

1.部下の性格を無視していませんか?

自分と同じように部下にも性格があります。

まず大切なのは自分の意見を相手に理解してもらう事です。部下は理解していないからあなたの言う事を聞かないのです。そのためには相手の性格に合った指導方法や伝え方を考える必要があるのです。
人から指導や叱られたりするとすぐ落ち込むタイプには、落ち着いた口調で、怒鳴りつける事なんていうのはもってのほかです。
例えば、反抗してくる人には「君の考えはきちんと理解している」と日頃の仕事ぶりを評価したうえで「会社のために協力してくれないか」と頼りにしている事を示す態度が大切です。
このような事を聞くと面倒に感じ、「何で上司の俺がこんなに気を遣わなければならないんだ」と怒る人もいると思いますが、人に仕事を教える立場になった以上指導の仕方や叱り方も重要な仕事です。

「自分が若い時はこれくらい上司に聞かず、自分で調べてやってたぞ?」や、「自分の時はこんな仕事終わらなかったら怒鳴られたぞ?」などと思い、「ついついこれくらいやってよね」と考えてしまいがちですが、時代は常に変わっているので、それでは現代の部下には「雑だし、適当な人だな」という印象を与えてしまうかもしれません。そういった事象が部下に言うことを聞いてもらえない状況に繋がっていきます。

部下が言うことを聞かないとなると、上司の仕事の効率は圧倒的に落ちていきます。まずは自分たちの時代の常識は諦めて常に今の時代に合った方法や、部下の性格を考えて工夫して指導していくことが大切です。
相手の性格に合わせた指導法は時に「差別だ」「他の同僚への言い方と違う」などと非難される事もあります。
非難されるかもしれないと言って、指導が伝わらず業務に支障が出てしまうと会社の利益を大きく損ないます。
部下が自分の指示に反した行動を取っている現状を理解して、工夫をする事は上司として大切です。非難された場合は非難してきた部下に「ごめんな?彼にも理解してほしいから、君とは違う言い方で説明しているんだよ。」としっかり説明すれば良いだけの事ですので、気にせず工夫して指導していく事が大切です。
性格を見極めた指導は、信頼関係やモチベーションの向上につながる重要な方法としてお勧めできます。

2.指導後や叱った後に部下を放置してませんか?

上司がまず理解しておく事は、部下の指導後や叱った後のフォローが重要という点です。

誰でも人から何か言われれば落ち込んだりショクを受けます。
いくら正しい指導だとしても、言い方や状況によってはその内容を受け入れる事が出来なかったり、心に多くの不満を抱える可能性もあります。

しかし、上司も人間です。常にベストな伝え方ができる訳ではありません。むしろ、どんなに工夫してもベストなタイミングで、ベストな伝え方ができる訳ではありません。
その時に上司から「さっきは言い過ぎた」「うまく伝えられなかったかもしれないけど」等のフォローがあると部下は救われたような気持ちになり、「ああ、この人も悪気はなかったんだな」等と思って貰えるものです。

フォローといってもその程度の事で良いのです。逆にあまりフォローしすぎても「わざとらしいなあ。」と思われてしまう可能性もありですので、自分で言い過ぎたなと思ったら一言声をかける程度で良いのです。それなら時間も取られませんし、自然な対応です。
以前私が勤めていた会社では部下への指導後、私が何のフォローも行わず放置していた結果、不満が溜まった部下から泣きながら「あなたの事なんか信用できるわけないじゃないですか」と言われたことがありますw。

上司は自分自身にも間違っている部分はないか、言い過ぎてないか、上司は思い返す必要があるのです。フォローをする事によって「私の事をしっかり考えてくれている」「この人は信頼できる」といった気持ちにつながり、その後はしっかりと上司の指示に耳を傾けてくる可能性は高まります。
言っただけで終わりではなく、指導後のフォローは絶対に欠かす事はできないのです。

また、時には部下の仕事を手伝ってあげる事も重要です。10分だけでも手伝うと部下の印象はかなり変わります。

例えば、自分にとっては10分で終わる仕事でも、部下にとっては30分かかる仕事があれば、「大変そうだから、これは自分がやっておくね!」と言ってやってあげるだけで部下の信頼度はグッと上がります。ただ、この方法は自分から見て部下が本当に切羽詰まってるときにだけにしましょう。それこそ甘え癖がついても良くないので。

仕事は自分1人だけで行っているものではありません。部下を仲間として見る気持ちがあれば必然的にフォローする気になるはずです。
一緒に会社の利益のために取り組む仲間として大切にする姿勢が重要です。「部下」は自分より下の立場ではなく、自分より「知らない事が多い」という認識を持つ事で、指導方法に悩む事が少なくなっていきます。



3.部下に責任を与えていますか?

部下を頼りにして自らが仕事を楽しんでいく

人を指導する立場になれば業務量や責任も増し、自身の心身の負担も増しイラつきや正常な対人関係が機能しなくなる事もあります。
それはあなたが悪いのではなく、人として当然の事です。

そこで大切なのは部下の力を積極的に借りようとする姿勢です。何もかも「自分でやらなきゃ」と思っていると必ず限界が来ます。そして部下を持った大多数の人間がそう思います。ですが、思い出してみてください。あなたの歴代の上司がどうであったかを。
結構「投げっぱなし」だった方が多くないですか?そうなんです。だからあなたは立派に上司になれているんです。

ですので、部下に任せず全てを背負い込んでイライラしているあなたの様子を見ると部下は「どうして自分に仕事を任せてくれないのか?」「そして何でイライラしてるの?」
といった事で信頼関係の低下につながっていく可能性があります。こういった事の積み重ねで上司の言うことを聞かない状況を招く事も考えられます。
上司が部下をまずは信頼して、任せられる事はしっかり任せる態度が重要です。

上司が職場でイライラしながら仕事をする姿は必ず社員全体に広がります。
その結果職場全体の空気も悪くなり、それをきっかけに退職者が出る恐れが出てくるのです。
上司自身が心身にゆとりを持って仕事を楽しむ事が必要になります。
話しかけにくい状況を作らず何でも気軽に相談できる上司は、職場全体に明るさをもたらして社員が「頑張ろう」という意欲にもなっていきます。指導とは人に分からせてやるといった考えでは通用しません。

大切なのは人に理解してもらうために何が必要か考える謙虚な姿勢です。
それを上司として理解する必要があります。
まずは社員の良い所を見つける努力と、能力を信用する気持ちを持って人と接する事をお勧めします。
自分が人を信用していないと、人も自分を信用する事は無いと思います。悩みを解決するために、上司自身が日頃の自分自身の態度を改める事も重要なのです。
また、部下の叱り方などの書籍は多数ありますので、一度本を読んでみることも大切かもしれませんね。

ビシッと言っても部下がついてくるできる上司の叱り方
《内容紹介》
叱ることが怖くて、つい見て見ぬフリをしてしまうあなたへ
いつも感情的になって部下を怒鳴り散らしてしまうあなたへ
「言い訳する部下」「反抗する部下」「逃げる部下」にビシッと言うには技術がいるのです。
「人間関係が壊れてしまいそうで怖くて叱れない」「冷静に叱れず、いつも感情的になってしまう」「叱ったら逆ギレされた。もう叱り方がわからない」このように悩むすべての管理職のために本書は書かれました。
序章 言わなければならないことをビシッというのが上司の仕事/第一章 ビシッと言うには技術がいる/第二章 言い訳する部下、反抗する部下、逃げる部下をどう叱るか/第三章 何のために叱るのか、それは組織と部下の成長のためである/終章 叱っても愛される上司になる/の五章立てで著者・嶋田有孝が、ビシッと叱るための要諦を伝授します。
あたりまえだけどなかなかできない ほめ方のルール (アスカビジネス)
《内容紹介》
部下の成長を促したり、モチベーションをあげて効率よく動いてもらったりすることが必要不可欠である。それなのに、恥ずかしくてなかなか上手い言葉をかけてあげることができない、どのようなタイミングでどのような言葉をかければいいのかわからない。そんな悩みを解決するための101のルールを掲載。
コーチングとNLPの両面から、ほめる「技術」と「心理的効果」を学び、メンバーを導いて成果を出す組織をつくる方法を身につける。
折れやすい部下の叱り方―「聴く力」を伸ばすカウンセリング・スキル
《商品説明》
自己愛世代の折れやすい部下が急増中。叱り方を間違えるとパワハラと逆ギレされかねない。年上、異性、外国人の部下など、価値観の多様化にも対応できて、上司力をアップするカウセリング技法を初めて応用した注目作。



まとめ

部下を持ち、部下が多くなるという事は、自然と上司から怒られることも少なくなってくると思います。
そうなると、「あれ?自分の時はどうやって叱ってもらってきたっけ?」となる事も多いかと思います。また、上司に「どう怒ったらいいですか?」などと聞くのも、なかなか聞きずらいと思います。
そんな時は、本を読んで部下の心理を掴む事も必要かもしれませんね。

ライター紹介

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。